矯正歯科で並びの良い歯~生まれ変わる私のハッ~

dentists

義歯の装着について

dentists

自然の歯に近い状態まで修復

インプラント治療は歯科医療の分野においてここ20年ほどの間に急速に普及が進んだ治療法です。 虫歯や歯周病などが原因で抜歯を行った場合、以前はブリッジを製作するか入れ歯を装着するかして修復するのが一般的な治療法でした。これに対してインプラント治療は、歯を抜いた部分にインプラントと呼ばれる金属製の人工歯根を埋入し、その上にセラミック製などの義歯を装着することで補います。顎の骨に歯根を直接埋め込んで安定させるため噛む力がさほど衰えることなく、自然の歯に近い使用感が得られるのが特徴です。 インプラント治療は外科手術を伴うために従来は一部の専門医院でしか行われていませんでしたが、近年は取り扱う歯科医院の数も増加してきました。また、歯科用CTや術前シミュレーションソフトなど先進機器の導入も進んでいます。

インプラントのいろいろな応用例

インプラント治療は比較的新しい治療法であり、研究開発は現在も続けられています。最近では従来の歯科医療にインプラントを用いる応用的な治療方法も実用化されています。 その1つに入れ歯治療への応用があります。たとえば下顎の歯の大半が失われてしまった場合、それをすべてインプラントで代替するとなれば治療費はかなりの高額にのぼってしまいます。そこで、インプラントを2本程度埋入して、それを土台にして総入れ歯を装着します。すると従来の入れ歯よりも安定度が増し、噛み心地が改善します。それでいて費用も比較的低額で済みます。 また矯正治療の分野においても、極小のインプラントを一時的に埋め込んで固定源として利用する新しい治療法が開発されています。